宮城県老人クラブ連合会の組織と概要

 戦後、老人の処遇に関する福祉行政が社会的要望に応えるには余りに少なかったことから、広く全国で国策への施策改善運動が展開されてきました。
 こうした中、関係者が待ち望んだ「老人福祉法」が制定されたのは、昭和38年ですが、これに先立って全国老人クラブ連合会が昭和37年4月に結成されて、全国都道府県老連の連絡調整を図ることとなりました。
 本県においても、福祉関係者及び関係機関団体の協力の許に設立準備が進められ、昭和37年11月6日宮城県老人クラブ連合会が設立されました。
 宮城県老人クラブ連合会のより対外的な基礎の確立と機能の強化を図り、老人福祉の向上に寄与することを目的に法人化を進め、昭和43年6月25日、財団法人の設立が認可されました。
 その後、平成20年12月、「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」など公益法人制度改革関連3法が全面的に施行され、財団法人宮城県老人クラブ連合会は、平成26年4月1日、公益財団法人宮城県老人クラブ連合会として名称を変更し、移行認可されました。

   ・設  立  昭和37年11月6日
   ・法人認可  昭和43年6月25日
   ・公益財団法人移行認可 平成26年4月1日

公益財団法人 宮城県老人クラブ連合会組織図
平成30年6月8日現在



公益財団法人宮城県老人クラブ連合会評議員及び役員名簿
平成30年6月8日現在

■宮城県老人クラブ連合会評議員

評議員星  一美石巻市老連
 〃中村 邦綱塩釜市老連
 〃小野寺優一気仙沼市老連
 〃山田  功白石市老連
 〃本郷 一浩名取市老連
 〃宍戸 勝郎角田市老連
 〃千葉 正寛多賀城市老連
 〃三品  實岩沼市老連
 〃飯田  功登米市老連
 〃圓谷 晃一栗原市老連
 〃内海 國雄東松島市老連
 〃笠原 吉信大崎市老連
 〃塩田 智明富谷市老連
 〃佐藤 正隆蔵王町老連
 〃柏   雄七ヶ宿町老連
 〃倉繁 孝市大河原町老連
 〃真壁 虎雄村田町老連
 〃島貫 孝雄柴田町老連
 〃古郡 金蔵川崎町老連
評議員早坂  修丸森町老連
 〃佐藤 孝吉亘理町老連
 〃西澤 英清山元町老連
 〃大友  昌松島町老連
 〃顧  治夫七ヶ浜町老連
 〃阿部 次雄利府町老連
 〃菅原 正郎大和町老連
 〃田中  實大郷町老連
 〃日野 政二大衡村老連
 〃伊藤  剛色麻町老連
 〃高橋 良一加美町老連
 〃小野 秀一涌谷町老連
 〃菅原 芳吉美里町老連
 〃武内 武司女川町老連
 〃西條 敬一南三陸町老連
 〃野呂 英樹宮城県長寿社会政策課
 〃吉田 栄一宮城県社会福祉協議会
 〃菅原 邦子女性委員会
 〃高橋よし子女性委員会
任期:平成29年6月9日から平成30年度定時評議員会終結の時まで

■宮城県老人クラブ連合会役員

役員名氏 名所   属
会 長佐藤 節夫大崎市老連
副会長大山 金雄東松島市老連
 〃佐藤 良一沿岸ブロック
 〃佐藤 純子女性委員会
理 事相澤 政助石巻市老連
 〃板橋 兵悦塩釜市老連
 〃畠山多喜夫気仙沼市老連
 〃吉野 照子白石市老連
 〃田端 幸男名取市老連
 〃伊藤 三壽角田市老連
 〃阿部 五一多賀城市老連
 〃渡邊 榮一岩沼市老連
 〃及川  潔登米市老連
 〃菅原 武義栗原市老連
役員名氏 名所   属
理 事藤島 史男富谷市老連
 〃星  次雄県南ブロック
 〃村田 直喜中央ブロック
 〃橋本 一意県北ブロック
 〃小松 洋吉東北福祉大学
 〃佐藤久美子宮城県長寿社会政策課
 〃佐藤 光敏宮城県社会福祉協議会
 〃佐藤 貞子女性委員会
 〃髙橋ちた江女性委員会
常務理事千葉 義明事務局
監 事佐藤 勝雄県南ブロック
 〃鈴木 勝美中央ブロック
 〃鈴木 輝雄県北・沿岸ブロック
任期:平成29年6月9日から平成30年度定時評議員会終結の時まで

公益財団法人 宮城県老人クラブ連合会 定款
(PDF/303kb)

※PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerなどが必要です。
PAGE TOP
HOME HOME